連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

先入観消す庶民の表情 北朝鮮の自然な姿、映画で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」を監督した島田陽磨さん=2021年8月10日午後0時33分、東京都で藤原章生撮影
「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」を監督した島田陽磨さん=2021年8月10日午後0時33分、東京都で藤原章生撮影

 人はときに何となく、ときに必死に生きている。でも、その暮らしに国家や政治が関わり、取り返しのつかないことになることがある。生き方を決めるどころか、家族に会う機会さえ奪う。人は国家からどこまで自由でいられるのか。歴史の奔流にさらされた個人の運命を撮ってきたドキュメンタリー映像の監督、島田陽磨さん(45)が北朝鮮を舞台にした新作を語る。

 タイトルは耳なじみがいい。「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」。この夏封切りの115分のドキュメンタリーだ。チラシの文句には<姉が北朝鮮にいるなんて、誰にも言えなかった>とある。優しかった20歳も上の姉は朝鮮出身の男性と結婚し、自分がまだ9歳のとき、北朝鮮に渡った。そんな姉を捜し求める旅の物語だ。

この記事は有料記事です。

残り2695文字(全文3014文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集