東京2020+1

パラスポーツの魅力、漫画に 江戸川区、地元専門学校とタッグ /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
江戸川区が刊行したパラリンピックスポーツ漫画「ONE TEAM-無限の戦車(チャリオット)-」の表紙
江戸川区が刊行したパラリンピックスポーツ漫画「ONE TEAM-無限の戦車(チャリオット)-」の表紙

 24日に開幕する東京パラリンピックに向け、江戸川区は区内にある「東京コミュニケーションアート専門学校」(西葛西5)と協力し、障害者スポーツの魅力を伝える漫画「ONE TEAM―無限の戦車(チャリオット)―」を刊行した。

 主人公は車いすの男子。同級生でチームのマネジャーを務める女子に誘われ、車いすラグビーを始め、仲間とぶつかりながらもチームと共に成長し、勝利を目指すというストーリー。競技のルールなども作品の中にちりばめた。

 今回の東京パラリンピックに所属選手が出場する車いすラグビーチーム「TOKYO SUNS」が作品を監修。同チーム所属で区民の壁谷知茂選手が特に試合の内容などについてアドバイスしたという。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文601文字)

あわせて読みたい

ニュース特集