連載

悼む

故人をよく知る識者による追悼文です。

連載一覧

悼む

東京大名誉教授 茂木清夫さん=6月6日死去・91歳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=山田大輔撮影
=山田大輔撮影

難問の地震予知にかけた 茂木清夫(もぎ・きよお)さん=誤嚥(ごえん)性肺炎のため、6月6日死去・91歳

 「あの時の地震予知バッシングは本当にものすごかった」。こう漏らしたことがある。1995年の阪神大震災。ちょうど地震予知連絡会と東海地震の予知を目指した地震防災対策強化地域判定会の会長を兼ねていたため、地震予知批判の矢面に立たされた。予知を叫びながら、あんな大地震も不意打ちではないか、というのだ。私は70年代半ばに毎日新聞社会部で地震担当となって以来教えを受けてきたが、茂木さんが弱音を吐いたのはこの1回だけだった。

 予知にかける思いは揺るがなかった。阪神大震災から3カ月後の毎日新聞への寄稿で「予知は難しい段階にある。そうではあっても予知の可能性がある以上、地震国・日本はこれに挑戦すべきで、将来とも大地震が足元で突然起こるという状態が続くのでは困る」と書いた。2011年の東日本大震災の後も「地震予知研究上、意味のある観測結果が得られている」と捉えた。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文706文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集