特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ オンラインが命綱 自宅療養者を診療、酸素・薬処方

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマートフォンを使い、オンラインで自宅療養者を診療する平郁会の大田和枝理事長=同会提供(画像の一部を加工しています)
スマートフォンを使い、オンラインで自宅療養者を診療する平郁会の大田和枝理事長=同会提供(画像の一部を加工しています)

 自宅で療養する新型コロナウイルス感染症の患者が急増する中、オンライン診療で患者を支援する動きがある。医療にアクセスできない軽症者への薬の処方を効率よくできる一方で、病床が逼迫(ひっぱく)している地域では、酸素投与が必要だが入院できない「中等症Ⅱ」の患者を一時的に支えている。

体制整備急ぐ医師会

 8月中旬、医療法人社団「平郁会」の大田和枝理事長のもとに、救急車からオンライン診療の依頼が入った。平郁会は、東京都世田谷区から自宅で療養する新型コロナ患者のオンライン診療の委託を受けている。依頼のあった患者は50代男性で、基礎疾患はない。男性は軽症のため自宅療養していたが、容体が悪くなり救急車を呼んだ。救急隊到着時の酸素飽和度は84%。入院が必要な中等症Ⅱの基準(93%)を下回っていた。

 救急車1台当たりの酸素ボンベの搭載量は限られているため、計3台の救急車を乗り継いで酸素を吸入。その間も搬送先は見つからず、酸素投与を止めることもできない。そこで、大田さんのもとに依頼が来た。大田さんはオンラインで診察して自宅でも酸素を投与できるように、酸素濃縮器を男性宅に手配。男性は自宅に戻り、酸素飽和度が一時的に回復した。2日後に再び容体が悪くなり、その日に入院できたという。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1369文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集