特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン、未支配州へ戦闘員数百人派遣 抵抗勢力結集、緊張高まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの首都カブールをパトロールするタリバンの戦闘員たち=2021年8月19日、AP
アフガニスタンの首都カブールをパトロールするタリバンの戦闘員たち=2021年8月19日、AP

 アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンは22日、支配に抵抗する勢力が拠点とする北東部パンジシール州を制圧するため「数百人」の戦闘員を派遣したと明らかにした。アラビア語版のツイッターで表明した。同州は、2001年にタリバンを首都カブールから追放した北部同盟の拠点だった歴史的経緯がある。激しい戦闘に発展する恐れもあり緊張が高まっている。

 パンジシール州では、旧タリバン政権に抵抗して01年に暗殺された国民的英雄、マスード司令官の息子アフマド・マスード氏らが抵抗勢力を結集。マスード氏は22日、ロイター通信の電話インタビューで、タリバンが進攻した場合は戦うと言明した。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文530文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集