連載

水中写真連載 So Blue

これまでに800回以上、海に潜った三村政司・写真記者が各地の美しい水中の風景をお届けします。

連載一覧

水中写真連載 So Blue

海の青を透かす群れ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青く見えるスカシテンジクダイの群れと、赤いイソバナ=沖縄県座間味村で、三村政司撮影
青く見えるスカシテンジクダイの群れと、赤いイソバナ=沖縄県座間味村で、三村政司撮影

 30メートル以上も見通すことができるほど水が澄んだ沖縄県・慶良間諸島の海中。小魚「スカシテンジクダイ」の群れの青色と、軟質サンゴ「イソバナ」の赤色のコントラストに目を奪われます。サンゴ礁の海の代表的な風景です。

    ◇    ◇    ◇

 でも、なぜスカシテンジクダイは青く、イソバナは赤く写っているのでしょう。そもそも水は透明なのに、海はなぜ「青色」とされるのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文683文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集