「先生次第で吃音の子は明るくなれる」 先生の卵に当事者が体験談

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
香川大学教育学部での吃音出前講座で体験談を語る香川言友会会員=高松市で2021年7月16日午前9時34分、佐々木雅彦撮影
香川大学教育学部での吃音出前講座で体験談を語る香川言友会会員=高松市で2021年7月16日午前9時34分、佐々木雅彦撮影

 どもって思うように話せない吃音(きつおん)。子どもの頃に同級生にからかわれて初めて「自分のしゃべり方は変なの?」と自覚して傷つき、話すことをやめてしまうケースも少なくない。でも、担任の的確な対応によって救われることもある。吃音者の自助団体・香川言友(げんゆう)会は「そんな先生になってほしい」と願いを込め、香川大学教育学部(高松市)の学生らに吃音出前講座を開き、体験談を語った。【佐々木雅彦】

この記事は有料記事です。

残り2404文字(全文2601文字)

あわせて読みたい

ニュース特集