「六方よし経営」を刊行 藻谷ゆかりさん「持続可能な未来に」 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トークイベントで新著について語る藻谷ゆかりさん=長野県上田市で7月28日、坂根真理撮影
トークイベントで新著について語る藻谷ゆかりさん=長野県上田市で7月28日、坂根真理撮影

 経営エッセイストの藻谷ゆかりさん(57)=東御市=が、「六方よし経営」(日経BP)を刊行した。上田市内でこのほどトークイベントがあり、登場する人たちや、これからのビジネスについて語った。藻谷さんは「誰かの犠牲の上で経済活動が行われるのではなく、犠牲を無くして経済活動が行われるようにしていかないといけない」と話した。

 タイトルは「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」を商売の基本にしていたとされる江戸時代の近江商人に由来する。「三方よし」に新たに、作り手よし、地球よし、未来よし――を加えたのが「六方よし」だ。大量生産・大量消費の経済活動などで環境破壊が深刻化し、劣悪な労働環境や児童労働など「作り手」側が大きな犠牲を払っているケースもある。持続可能な地球や未来にしていくためには、今こそ「六方よし」の経…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文985文字)

あわせて読みたい

注目の特集