特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 きょう3回戦 京都国際VS二松学舎大付 打線、勝利のカギ /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前橋育英戦で力投する京都国際の森下投手=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年8月19日、西夏生撮影
前橋育英戦で力投する京都国際の森下投手=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年8月19日、西夏生撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催中の第103回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援)は第11日の24日、3回戦4試合があり、京都国際は第1試合(午前8時開始予定)で二松学舎大付(東東京)と対戦する。両チームとも左腕の好投手を擁することから、1点を争う試合となりそうだ。

 3年ぶり4回目の出場となる二松学舎大付は、東東京大会6試合で計4失点と守備が堅実。20日の西日本短大付(福岡)との2回戦も、左腕の主戦・秋山正雲(せいうん)投手(3年)が最速145キロの直球を武器に9三振を奪い、2―0で完封した。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文701文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集