自動運転の路線バス、実現へ 幹線道路で実証実験 10月末まで、一般市民の試乗も予定 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市内の道路を走行する「アルマ」(中央)=名古屋市千種区で2021年8月18日、高井瞳撮影(画像の一部を加工しています)
市内の道路を走行する「アルマ」(中央)=名古屋市千種区で2021年8月18日、高井瞳撮影(画像の一部を加工しています)

 県は、名古屋市の幹線道路などで自動運転の実証実験を始めた。実験は10月29日までの約2カ月で、一般市民の試乗も予定している。県によると、幹線道路での長期間の自動運転の実証実験は全国でも珍しい。名古屋市昭和区の鶴舞地区に整備するスタートアップ(起業)支援拠点「ステーションAi」と名古屋駅を結ぶ自動運転の路線バスの実現を目指す。

 実験で使用する車両は、仏ナビヤ社製の自動運転の14人乗り小型電気バス「アルマ」。センサーで障害物を察知したり、人工衛星を使って車両の位置や現在地を測定したりして、決められたルートを自動運転する。今回は信号交差点などについてのデータを入力しておらず、信号停止や発進は乗車した運転手がゲーム機のコントローラーで制御した。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1128文字)

あわせて読みたい

注目の特集