連載

写真館

社会問題、人情、歴史、自然--。カメラマンの目で森羅万象を切り取ります。

連載一覧

写真館

写真館 イルカとふれあい 笑顔あふれて 大分の「つくみイルカ島」 /九州

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青空の下、笑顔でイルカと泳ぐ子供
青空の下、笑顔でイルカと泳ぐ子供

 大分県津久見市にあるイルカと人間の「ふれあい・癒やし」をテーマにした体験型施設「つくみイルカ島」では、自然豊かな環境の中、11頭のバンドウイルカや海の動物たちが暮らしている。

 つくみイルカ島は、2011年4月に大分市の水族館「うみたまご」と津久見市がオープンさせた。面積は20700平方メートルで、イルカとふれあえる施設としては国内最大級。海面にフロートを浮かべて枠組みをつくり、中には複数のいけすがあり、海中は網で囲っている。

 いけすの水深は6~7メートル。体長約3メートル、体重約300キロのイルカも潜った後でジャンプすることができ、ダイナミックなショーが間近で見られると評判だ。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文939文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集