ニセ半導体、流通3割超 世界的不足に乗じ 社名書き換えや規格外 初期不良や発火も 民間調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 世界的な半導体不足を受けて、製品に記されたメーカー名を勝手に書き換えたり、廃家電から抜き取ったりした「偽物」の半導体が大量に流通していることが明らかになった。通常の仕入れ先以外から半導体を買った企業の依頼を受け、沖電気工業の子会社が調査したところ、3割超が「偽物」だった。粗悪な半導体の流通が広がれば、製品の性能を低下させるだけでなく、安全性にも悪影響が出る恐れがある。

 半導体メーカーは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて生産をいったん減らしたが、最近では自動車やデジタル機器向けの需要が急回復した。国内大手ルネサスエレクトロニクスの生産設備で火災が起きたことも重なり、品薄の状態が続く。

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1554文字)

あわせて読みたい

注目の特集