注目集める「おかそだち」サーモン 千葉・木更津の工業団地で養殖

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
丸々と育ったサーモントラウト=FRDジャパン提供
丸々と育ったサーモントラウト=FRDジャパン提供

 江戸前のすしネタの宝庫、東京湾に臨む千葉県木更津市の工業団地で、サーモントラウト(ニジマス)が養殖・出荷されている。人工海水を循環・浄化しながら育てられた、海を知らない「おかそだち」。海での養殖と比べてもふんによる汚染などがなく、持続可能な養殖として注目されている。【浅見茂晴】

 陸上養殖を手掛けているのは、2013年創業のFRDジャパン(本社・さいたま市)。18年、木更津市と君津市にまたがる県の工業団地「かずさアカデミアパーク」で、プラントの操業を始めた。

 養殖場のイメージからは遠い、工場のような外観のプラントに並んだ16基の水槽では、ニジマスが元気よく泳ぐ。250グラムの大きさになるまでの9カ月間はさいたま市のふ化場で、その後の約9カ月間は木更津市で大きさ3キロ前後まで育てて出荷している。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文929文字)

あわせて読みたい

注目の特集