特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

「重大な懸念」表明 アフガン情勢で首脳声明採択 G7会議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
主要7カ国のオンライン首脳会議後に首相官邸に戻るジョンソン英首相=ロンドンで2021年8月24日、AP
主要7カ国のオンライン首脳会議後に首相官邸に戻るジョンソン英首相=ロンドンで2021年8月24日、AP

 アフガニスタン情勢を協議する主要7カ国(G7)のオンライン首脳会議が24日に開催された。採択された首脳声明では、アフガンの状況に「重大な懸念」を表明するとともに、国外脱出を試みるアフガン国民の「安全な退避」を確保すべきだと訴えた。複数の英メディアによると、議長国・英国のジョンソン首相はバイデン米大統領に、国外退避希望者の救出のため、今月31日の米軍の完全撤収期限を先延ばしするよう求めたが、バイデン氏は応じなかったという。

 会議にはグテレス国連事務総長やストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長が出席した。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文745文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集