「1000円貸して」6歳妹はなぜ死んだ 暴行の兄「世話つらく」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
6歳の女児が倒れていた公園。今も花束や菓子が供えられている=大津市で2021年8月24日午前11時56分、菅健吾撮影
6歳の女児が倒れていた公園。今も花束や菓子が供えられている=大津市で2021年8月24日午前11時56分、菅健吾撮影

 「1000円貸してほしい」。未明のコンビニで、幼い妹は見知らぬ客にそう懇願していた。大津市の自宅で小学1年の妹(当時6歳)に暴行して死なせたとして、無職少年(17)が逮捕された事件。一家は困窮していたとみられ、不在がちな母親の代わりに兄が妹の世話をする「ヤングケアラー」だった可能性が出ている。近所の人たちに「仲の良い兄妹」と映っていた2人。夏休みの悲劇はなぜ起きたのか。

 「妹がジャングルジムから落ちた」。8月1日朝、大津市の公園近くの民家に少年が駆け込み、住民の男性に助けを求めた。男性によると、妹は公園であおむけに倒れており、男性が携帯電話で119番。少年は焦った様子で「助かるんでしょうか。僕が悪いんでしょうか」とつぶやいていたという。妹は搬送先の病院で死亡が確認された。

 ところが、少年の申告が虚偽だった疑いが浮上する。…

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1824文字)

あわせて読みたい

注目の特集