連載

壊滅作戦の行方

「工藤会」トップの野村悟被告に対する裁判と、警察と検察の「頂上作戦」に迫りました。

連載一覧

壊滅作戦の行方

工藤会トップ死刑判決 裁判官や証人らの保護対策徹底へ 福岡県警

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡県警が福岡拘置所と合同で実施した保護対策訓練の様子=同県内で2021年7月1日午後3時3分
福岡県警が福岡拘置所と合同で実施した保護対策訓練の様子=同県内で2021年7月1日午後3時3分

 全国唯一の特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)のトップで総裁の野村悟被告(74)に死刑を言い渡した24日の福岡地裁判決を受け、福岡県警は25日、担当の裁判官や公判に出廷した証人らの保護対策を徹底するよう通知した。

 24日の判決直後に野村被告が裁判長に「生涯後悔するぞ」などと威圧するような発言を…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集