特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラ開会式の13歳ヒロイン、熱演後に号泣「片翼の小さな飛行機」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京パラリンピックの開会式で片翼の飛行機を演じる和合由依さん(左)=国立競技場で2021年8月24日、徳野仁子撮影
東京パラリンピックの開会式で片翼の飛行機を演じる和合由依さん(左)=国立競技場で2021年8月24日、徳野仁子撮影

 勇気を振り絞って新たな世界へと飛び立つ姿が、共感を呼んだ。24日夜に東京・国立競技場で行われた東京パラリンピックの開会式で、車いすのヒロインを演じた東京都の中学2年生、和合(わごう)由依さん(13)。演技経験はなかったが、上肢下肢に先天性の障害のある自らを重ねるように「片翼の小さな飛行機」を演じ、不安な気持ちや困難を乗り越えるメッセージを伝えた。

 「今までに出会えた人たちに、今の自分を見てもらいたい」。そんな決意を胸に晴れ舞台に立った。「左手があまり使えず、右手だけがよく使える」という和合さんは、右側のみ翼のある車いすで、滑走路に見立てた長い通路を一生懸命に走り抜けた。片翼であることの葛藤を乗り越え、勇気を出して飛び立つ姿を豊かな表情で熱演。SNS(ネット交流サービス)上では「すてきだった」「パワーをもらった」と称賛する声が相次いだ。25…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文865文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集