連載

世界時空旅行

 欧州や中東の特派員を務めた筆者が「時空の旅」に出て、歴史の謎やミステリーに迫ります(登場する人物の肩書きなどは原則として取材当時のものです)。

連載一覧

世界時空旅行

幽霊は乗り物好き? ドイツで米国で「車から消える乗客」 専門家「閉鎖空間への侵入、怪談の典型」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「タクシーから消える乗客」はドイツでも知られた怪談だ。ドイツではヒッチハイクの若者が「消える」場合が多い=ベルリンで2015年1月21日、篠田航一撮影
「タクシーから消える乗客」はドイツでも知られた怪談だ。ドイツではヒッチハイクの若者が「消える」場合が多い=ベルリンで2015年1月21日、篠田航一撮影

 夏は怪談の季節だ。定番の話の一つに「タクシーから消える乗客」がある。運転手が目的地まで走り、「お客さん、着きましたよ」と後部座席を振り返ると、客が消えているといった内容だ。この話、実は日本に限った話ではなく、しかも意外に起源も古い。暦の上ではもう秋だが、まだ時に残暑も厳しくなる中、今回はそんな怪談の背景を追い、ちょっと涼んでみたい。

 そもそもこの話、日本ではいつごろから有名になったのか。もちろん明確な時期は不明だが、幽霊研究の名著とされる国文学者・池田弥三郎氏(1914~82年)の「日本の幽霊」(中公文庫)には、戦前の昭和5(1930)年ごろの話として東京・青山墓地(霊園)からタクシーに乗った若い女性の話が出てくる。女性は横浜の自宅に着いた。だが現金がないので家から持ってくると言い残し、自宅に入ったまま戻ってこない。しびれを…

この記事は有料記事です。

残り1592文字(全文1960文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集