特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

モデルナワクチン、5都県で異物 163万回分使用見合わせ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
使用見合わせとなったワクチンのロット番号
使用見合わせとなったワクチンのロット番号

 厚生労働省は26日、米モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンに異物混入が見つかったため、約163万回分の使用を見合わせることを発表した。8月中旬以降、5都県の8カ所で39本(390回分)から異物が確認された。異物が見つかったワクチンの接種を受けた人はいないという。ワクチンを供給する武田薬品工業と厚労省は「使用見合わせによる代替品の供給について連携して対応し、ワクチン接種への影響を最小限にするよう努める」としている。

 使用を見合わせる対象は①3004667(出荷量約57万回分)②3004734(同約52万回分)③3004956(同約54万回分)の三つのロット。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文643文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集