特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「ワクチン空き待ちバンク」創設 職域の余剰活用など工夫 福井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福井市が開設した「新型コロナワクチン空き待ちバンク」の「空き待ちサポーター」登録画面=福井市で、横見知佳撮影
福井市が開設した「新型コロナワクチン空き待ちバンク」の「空き待ちサポーター」登録画面=福井市で、横見知佳撮影

 新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、福井県内の自治体はワクチン接種をより推進しようと、さまざまな工夫を凝らしている。福井市は突然のキャンセルで接種枠が空いた場合に代わりに接種する市民を募集している。越前市は企業の職域接種で余ったワクチンを外国籍市民向けに転用する。県も県職員向けの職域接種枠の余剰分を一般市民向けに振り分けるなどし、10月末までに希望者全員の接種を完了させようと奮闘している。【横見知佳】

 福井市は、接種枠が空いた際に接種できるよう「新型コロナワクチン空き待ちバンク」を創設。希望する市民に「空き待ちサポーター」として登録するよう呼びかけている。担当課によると、これまで突然のキャンセルがあった場合、接種を希望している教員や保育士らが代わりに接種してきたが、教員や保育士らの接種が一定程度進んだため、希望する市民が接種できるようにした。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文783文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集