宇野昌磨、4回転計5度の構想 アイスショーの公開リハーサル

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フレンズオンアイス2021のリハーサルで演技する宇野昌磨=KOSE新横浜スケートセンターで2021年8月26日、手塚耕一郎撮影
フレンズオンアイス2021のリハーサルで演技する宇野昌磨=KOSE新横浜スケートセンターで2021年8月26日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケート男子で2018年平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が26日、横浜市のコーセー新横浜スケートセンターでアイスショー「フレンズ・オン・アイス」の公開リハーサルに参加し、北京五輪シーズンとなる今季はフリーに4回転を計5度組み込む構想を明らかにした。

 宇野はフリーでフリップ、ループ、サルコウ、トーループの4種…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

あわせて読みたい

ニュース特集