カブール空港付近で爆発2回 IS系が犯行声明 米兵13人、アフガン人60人死亡 バイデン氏、報復意向

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの首都カブールの空港付近での爆発で負傷し、手当てを受ける男性=26日、UPI共同
アフガニスタンの首都カブールの空港付近での爆発で負傷し、手当てを受ける男性=26日、UPI共同

 アフガニスタンの首都カブールの国際空港近くで26日、爆発が2回起こり、米軍によると、米兵13人が死亡、18人が負傷した。空港周辺にいた多くのアフガン人も死傷しており、米メディアは死者が70人を超えたと報じている。バイデン米大統領は過激派組織「イスラム国」(IS)の支部組織による自爆テロとの見方を示し、報復する意向を表明した。今月31日の米軍撤収期限が迫る中、アフガンに駐留する米兵から2020年2月以来の死者を出す最悪の事態となった。

 バイデン氏は26日、ホワイトハウスで演説し、情報機関の分析でISの支部組織「イスラム国ホラサン州」(IS―K)の犯行であるとの見方を示した。IS―Kに対し「米国に危害を加えようとする者は許さない。追い詰め、代償を支払わせる」と警告した。ロイター通信によると、IS系列のニュースサイト「アーマク通信」が犯行声明を出している。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1248文字)

あわせて読みたい

注目の特集