特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

「なし崩し」の美浜原発再稼働 核のごみ、直接処分で議論を=大島秀利(福井支局敦賀駐在)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
美浜原発3号機の再稼働を前に原子炉に入れられた核燃料=2021年5月20日午後3時50分(関西電力提供)
美浜原発3号機の再稼働を前に原子炉に入れられた核燃料=2021年5月20日午後3時50分(関西電力提供)

 使用済み核燃料の中間貯蔵の候補地を提示できないまま、関西電力は6月、運転開始から40年で廃炉とする国内原則の例外として初めて美浜原発3号機(福井県美浜町)を再稼働した。使用済み核燃料は高レベル放射性廃棄物など処理や保管が難しい物質を含む。保管が一時的であれ最終的であれ、見通しなく原発がなし崩し的に稼働する状況は看過できない。将来世代への負の遺産となるからだ。

この記事は有料記事です。

残り1696文字(全文1877文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集