特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 「カクテル薬」追加購入 政府方針、数十万人分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は27日にも閣議決定する今年度予算の新型コロナウイルス対策予備費で、「抗体カクテル療法」と呼ばれる軽症・中等症患者向けの点滴薬「ロナプリーブ」を追加購入する方針だ。これまで年内に20万人分の供給を受ける予定が決まっており、重症化予防効果が見込めるとしてさらに数十万人分を上積みする。

 米製薬企業が開発し、国内では中外製薬が販売するロナプリーブは、厚生労働省が7月に特例承認した。今月20日時点で約1200医療機関の5600人に投与。医療機関の入院患者や、宿泊療養施設で一定期間の経過観察ができる患者が対象だった。

 ただ、感染拡大による病床逼迫(ひっぱく)で入院できない自宅療養者が続出。政府は25日、通院する自宅療養者ら外来患者に対しても、投与後の観察体制の確保を条件に可能とする方針を決めていた。【阿部亮介】

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文733文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集