特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

カブール爆発 米大統領「代償支払わせる」 空輸作戦継続で決意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ホワイトハウスで質問に答えるバイデン米大統領=2021年8月26日、AP
ホワイトハウスで質問に答えるバイデン米大統領=2021年8月26日、AP

 バイデン米大統領は26日、米兵27人が死傷したアフガニスタンの首都カブールの国際空港近くで起きた爆発について、ホワイトハウスで演説した。情報機関の分析で、過激派組織「イスラム国」(IS)系の「IS-K」による犯行との見方を示し「テロリストに退避活動は止めさせない」と述べ、米軍による空港からの空輸作戦を継続する決意を表明。8月31日の期限までに米軍を完全撤収する姿勢を改めて示し…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集