特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

フランスなど期限前にアフガン退避終了へ 空港への移動困難で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンから退避するため搭乗する飛行機に向かって歩く家族=カブールの国際空港で2021年8月24日、米海兵隊提供・AP
アフガニスタンから退避するため搭乗する飛行機に向かって歩く家族=カブールの国際空港で2021年8月24日、米海兵隊提供・AP

 フランスやカナダなどの各国が、米軍撤退期限を待たずに、アフガニスタンからの退避作業を終了させる方針だと欧米メディアが26日報じた。8月末の駐留米軍撤退をバイデン米政権が維持、イスラム主義組織タリバンによる締め付けが強まり、空港への移動が難しくなっていることなどが要因だ。

 フランスのカステックス首相は26日、アフガンから自国民やアフガン人を退避させる自国の取り組みに関し、27日夜で終了せざるを得ないとの見通しを示した。民放ラジオのインタビューに答えた…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集