全国の待機児童、最少5634人 コロナの影響浮き彫り 厚労省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 待機児童数の多い自治体
 待機児童数の多い自治体

 厚生労働省は27日、希望しても認可保育所などに入れない待機児童が、今年4月1日時点で昨年より6805人少ない5634人だったと発表した。調査を始めた1994年以降で最も少なく、初めて1万人を下回る。新型コロナウイルス感染への不安から、多くの人が子どもを預けることを控えた。コロナ禍が女性の就業を妨げ…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

あわせて読みたい

注目の特集