特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

トヨタ社長、緊急会見で謝罪 自動運転バス、パラ選手と接触事故

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車の豊田章男社長
トヨタ自動車の豊田章男社長

 東京パラリンピックの選手村(東京都中央区)で26日午後、柔道(視覚障害)男子81キロ級の北薗新光選手(30)が自動運転中の巡回バスに接触して軽傷を負った事故を受け、バスを提供したトヨタ自動車の豊田章男社長は27日夕、オンラインで緊急に記者会見し「こういう接触事故により多くの方々にご心配をおかけし、大変申し訳ない」と謝罪した。

 豊田氏は、今回のバスが採用している自動運転技術について「パラリンピックの会場で目が見えない方への想像力が欠けていた。接触部は死角で、事故は避けられなかった」との認識を示した。事故を受け、車両の接近を知らせる電子音の音量を2倍にするなどの対策も明らかにしたが、捜査などとの関係で大会期間中の自動運転の再開は見通しが立っていない。

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文443文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集