連載

ワイド視聴室

オススメのテレビ番組の見どころを紹介します。

連載一覧

ワイド視聴室

サイエンスZERO 歴史に学び備える富士山噴火

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

サイエンスZERO NHKEテレ=日曜午後11時半

 最先端の科学で世の中の出来事に切り込んでいく番組。29日の放送は「富士山 噴火の歴史を読み解け」と題し、噴火研究の最前線に迫る。

 美しさで多くの人を魅了する世界遺産・富士山。だが噴火を過去5600年間に約180回も繰り返してきた。最後の噴火から300年以上たっており、いつ噴火してもおかしくない状況だ。

 番組では過去の噴火の分析から、江戸時代の「宝永噴火」の噴出物が「山」を作ったことや、飛鳥時代の火砕流が従来の想定を大きく上回る規模だとわかってきた研究などの成果を紹介。今年は富士山噴火のハザードマップが17年ぶりに改定され、より詳細に被害想定を示せるようになったという。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文520文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集