新型コロナ 市長会、県に「野戦病院」要望 軽症、中等症受け入れ /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染急拡大が続く中、県市長会(会長・清水聖義太田市長)は26日、県に対して、コロナ専門病院や「野戦病院」と呼ばれる臨時医療施設の設置を求める要望書を提出した。

 県内では1日あたりの感染者が300人を超える日もあり、コロナ用病床が逼迫(ひっぱく)。県は自宅療養の導入に踏み切った。…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

あわせて読みたい

ニュース特集