高濃度PCB、行政代執行へ 県、伊豆の国で /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は25日、コンデンサー製造会社・東洋コンデンサの敷地内(伊豆の国市南條)に保管されている高濃度PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の行政代執行に着手すると発表した。

 県によると、高濃度PCB廃棄物(照明器具用の安定器)を地中のコンクリート槽から取り出す。ドラム缶に保管し、国が指定する処理施設(北九…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

あわせて読みたい

注目の特集