日向市「牧水・短歌甲子園」 宮崎西高が準優勝 /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リモートで応募作品について講評する俵万智さん(右下)ら=ユーチューブから
リモートで応募作品について講評する俵万智さん(右下)ら=ユーチューブから

 国民的歌人、若山牧水の出身地・日向市は26日、高校生による短歌の全国大会「第11回牧水・短歌甲子園」の審査結果を発表した。渋谷教育学園渋谷高(東京都)が初優勝し、県立宮崎西高(宮崎市)が2020年に続き準優勝に輝いた。

 例年は全国の高校生が日向市に集結し、各チーム3人が自作の短歌を発表して勝敗を競うが、新型コロナウイルスの影響で2年連続で紙上審査となった。今回は過去最多33校から59チームの応募…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集