連載

ともに・共生社会めざして

東京オリンピック・パラリンピックは「共生社会の実現」への契機となりえるのか。課題を探ります。

連載一覧

ともに・共生社会めざして

パラ選手から可能性感じて 筋ジストロフィーのシンガー・ソングライター 小澤綾子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小澤綾子さん=本人提供
小澤綾子さん=本人提供

 シンガー・ソングライターの小澤綾子さん(38)は、20歳の時に筋力が徐々に低下する難病「筋ジストロフィー」と診断され、3年前からは車いす生活となりました。しかし今も音楽をはじめ講演、イベント開催など精力的に活動しています。小澤さんに、開催中の東京パラリンピックによる日本社会の変化への期待を聞きました。【聞き手・神保忠弘】

 ――2013年の秋に東京パラリンピックの開催が決まったと聞いた時には、どんな期待を持ちましたか。

この記事は有料記事です。

残り2089文字(全文2300文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集