林文子横浜市長「これからも遠くで市民の幸せを…」 市庁舎を去る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
職員から花束を受け取る横浜市の林文子市長(中央手前)=同市役所で2021年8月27日午後4時56分、樋口淳也撮影
職員から花束を受け取る横浜市の林文子市長(中央手前)=同市役所で2021年8月27日午後4時56分、樋口淳也撮影

 3期12年を務め29日で任期満了となる横浜市の林文子市長は27日、最後の登庁日を迎えた。同日夕に開かれた臨時の幹部会議で職員から花束を贈られた林氏は「市民の幸せを祈る」などと述べた。

 市は今回、退任にあたっての式典や見送り行事を新型コロナウイルスの感染防止を理由に実施しなかった。

 代わりに、約50人の幹部が参加する臨時…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文308文字)

あわせて読みたい

注目の特集