特集

先週のピックアップ

日曜朝刊「先週のピックアップ」で取り上げた記事をまとめています。

特集一覧

9月1日発足「デジタル庁」 その意外な前評判 霞が関は注視

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨む平井卓也デジタル改革担当相=東京都千代田区で2021年8月27日午前、後藤豪撮影
記者会見に臨む平井卓也デジタル改革担当相=東京都千代田区で2021年8月27日午前、後藤豪撮影

 デジタル庁が9月1日に発足する。「あらゆる手続きが役所に行かなくてもできる社会を実現する」と強調する菅義偉首相の肝煎りで、行政のデジタル化の「司令塔」として他省庁に対して強い権限を持つ。旧態依然とした日本の行政の仕組みを刷新する原動力として期待されるが、霞が関からは先行きを不安視する声も聞こえてくる。デジタル庁の期待と不安を探った。

各省庁に渦巻く警戒感

 「霞が関でデジタル庁の評判は、あまり良くないんです」。過去に中央省庁でシステム調達業務に携わった経験をもつ30代の中堅官僚はこう打ち明けた。

 経済官庁の中堅官僚の一人は「システムなどデジタルに関する業務は今後、いちいちデジタル庁にお伺いを立てることになる。政策決定にかえって時間がかかる」と不満顔だ。

 霞が関でデジタル業務に携わる現役官僚に話を聞くと、デジタル庁に対する辛辣(しんらつ)な声が多いことに気づく。民間同様、霞が関でも「デジタル人材」は奪い合いの状況だ。他省庁の反発の裏にはデジタル庁に「専門知識を持つ職員が吸い上げられかねない」という焦りとともに、同庁の強大な権限に対する恐れと警戒感が見え隠れする。

巨大な権限、予算も集約

 政府はこの20年、数年おきにデジタル化戦略を打ち出してきたものの、「紙文化」が根強い行政の改革ができず看板倒れに終わってきた。

 そんな状況で直面したのが、…

この記事は有料記事です。

残り2363文字(全文2938文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集