特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

バイデン米政権「カブールで再びテロの可能性」 ISの脅威続く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=ワシントンで2021年8月26日、AP
バイデン米大統領=ワシントンで2021年8月26日、AP

 バイデン米政権の国家安全保障チームは27日、アフガニスタンの首都カブールの国際空港近くで起きた自爆テロに関連し「カブールで再びテロ攻撃が行われる可能性があり、最大限の防衛措置を講じている」とバイデン大統領に報告した。ホワイトハウスのサキ報道官が同日の声明で明らかにした。

 声明は、米軍による空港での退避作戦は「今後数日間が最も危険な期間」と強調した。サキ氏は同日…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集