特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

邦人をカブールから自衛隊機で隣国へ移送 アフガン人14人も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衛星で撮影されたアフガニスタン・カブールの空港に集まった人々=2021年8月27日、©2021Maxar Technologies via AP
衛星で撮影されたアフガニスタン・カブールの空港に集まった人々=2021年8月27日、©2021Maxar Technologies via AP

 政府は27日深夜、アフガニスタンからの退避を希望した少なくとも日本人1人を首都カブールの国際空港で自衛隊機に乗せ、隣国パキスタンへと移送したと発表した。関係者によると、ほかにも米国の要請で14人のアフガン人も退避させた。政府は派遣した自衛隊輸送機と政府専用機計4機をパキスタンで当面待機させ、退避活動を模索する。ただ、28日には、空港を警備する米軍が撤収作業を本格化させる見通しで、活動は厳しさを増しそうだ。

 共同通信によると、退避したのはカブール在住で、現地で事業を営みながら共同通信カブール通信員を務める安井浩美さん(57)=京都府出身。外務、防衛両省は少なくとも1人の邦人を退避させたと発表したが、外国人の退避については「任務継続中」を理由に回答を控えた。ただ、関係者によると、自衛隊機で14人のアフガン人を近隣国へ移送したという。自衛隊機派遣による日本政府の退避活動は5回目だが、初の外国人移送となる…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文551文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集