尾花沢にパンプトラック スケボー・自転車BMX練習施設 県内初・初心者も気軽に /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パンプトラックを上手に滑る子ども=山形県尾花沢市で2021年8月6日、野呂賢治撮影
パンプトラックを上手に滑る子ども=山形県尾花沢市で2021年8月6日、野呂賢治撮影

 東京オリンピックで日本人選手が金メダル3個を獲得し、注目が集まるスケートボード。尾花沢市二藤袋の徳良湖テニスコート内に、スケートボードや自転車BMXが楽しめる県内初の「パンプトラック」が7月下旬にオープンした。多い日では1日30人ほどが訪れるといい、運営会社の担当者は「将来、利用していた子どもたちの中から五輪選手が出てくれればうれしい」と話している。【野呂賢治】

 パンプトラックは、凸凹が設けられ、上下の重心移動を利用すると、自転車ならペダルをこがなくても、スケートボードなら地面を蹴らなくても滑ることができるコースで、一周65・2メートル。全国的に知られる「寒河江スケートパーク」(寒河江市、最上川ふるさと総合公園内)に規模は及ばないが、初心者でも滑りやすい小さめのセクション(起伏)がパンプトラックとは別に設置されているなど、初心者が気軽に利用できるよう配慮…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文740文字)

あわせて読みたい

注目の特集