特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガン爆発 米軍、IS系2幹部殺害 無人機攻撃

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの首都カブールの国際空港付近での爆発で、負傷者を病院へ運ぶ人たち=2021年8月26日、ゲッティ共同
アフガニスタンの首都カブールの国際空港付近での爆発で、負傷者を病院へ運ぶ人たち=2021年8月26日、ゲッティ共同

 米中央軍は27日、アフガニスタンの首都カブールの国際空港周辺で米兵13人が死亡した自爆テロの報復として、同国東部で無人機攻撃を実施し、過激派組織「イスラム国」(IS)系勢力の「ISホラサン州」(IS―K)に反撃を始めた。米軍幹部は28日の記者会見で、報復攻撃でテロの計画立案者を含む幹部2人を殺害し、1人を負傷させたと述べた。今回のテロを計画したかどうかは不明。

 バイデン米大統領は8月末のアフガン駐留米軍の撤収を堅持する一方、自爆テロに関与した過激派の一掃を宣言。米軍幹部は「対テロ作戦の能力を維持する」とし、必要に応じてテロリストの掃討作戦を続ける考えを示した。駐留米軍撤収後も無人機を駆使し、周辺国から空爆作戦を続ける可能性が高い。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文780文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集