特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

カブール空港への再攻撃の可能性「かなり高い」 バイデン氏警告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=ホワイトハウスで2021年8月26日、AP
バイデン米大統領=ホワイトハウスで2021年8月26日、AP

 バイデン米大統領は28日の声明で、自爆テロのあったアフガニスタンの首都カブールの国際空港が再び攻撃される可能性について「かなり高い」と警告した。一方で、米国防総省は同日、空港の警備を担う米軍の一部が撤収を始めたと発表。バイデン政権はテロへの警戒を高めながら、8月末の期限に向けた撤収作業を強いられている。

 声明でバイデン氏は、米東部時間28日午前の時点で「24時間から36時間以内に別の攻撃がある可能性がかなり高いとの報告を軍司令官から受けた」と明らかにした。現地の米兵らを守るため、あらゆる手段を講じるよう指示したという。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文892文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集