特集

「9.11」後の20年 米同時多発テロ20年

米同時多発テロから20年。特集記事や写真・動画で振り返ります。

特集一覧

「9・11後の20年」ついえた民主化

育たなかった国民意識 政府軍の士気低く/3

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
投降した政府の治安部隊兵士を監視するタリバン戦闘員=アフガニスタン東部ガズニで2021年8月13日、AP
投降した政府の治安部隊兵士を監視するタリバン戦闘員=アフガニスタン東部ガズニで2021年8月13日、AP

 アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンが20年ぶりに復権した。米国主導の国際社会は心血を注いでアフガンの民主化を支援してきたが、事実上頓挫した。背景には何があったのかを探る。【カブールで松井聡】

 タリバンは8月上旬に州都を初めて制圧してから、わずか9日後に首都カブールを陥落させた。タリバン復権の要因として指摘されているのが、政府軍の士気の低さだ。戦わずに撤収や投降を繰り返した。タリバン幹部が「政府軍がここまで抵抗しないとは驚きだった」と言うほどだ。

 背景に何があったのか。…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文973文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集