特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

渋谷の若者向けワクチン、29日も1357人 一時的に70人が列

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都が若者向けに開設する新型コロナウイルスワクチン接種会場前で、抽選券を求めて並ぶ人たち=東京都渋谷区で2021年8月29日午前10時21分、井口慎太郎撮影 拡大
東京都が若者向けに開設する新型コロナウイルスワクチン接種会場前で、抽選券を求めて並ぶ人たち=東京都渋谷区で2021年8月29日午前10時21分、井口慎太郎撮影

 東京都が渋谷区に開設している若者向けの新型コロナウイルスワクチン接種会場には、29日も1357人が集まった。しかし、抽選券が早めに配布されたため、行列は最大でも70人程度にとどまった。この日のワクチン枠は354人で、抽選倍率は3・8倍だった。

 抽選券は午前9時から配られる予定だったが、午前7時15分ごろには約50人が並んだため、都が配布時間を早めた。配布締め切り時間(午前10時半)の15分前からは再び来場者が急増し、一時的に70人ほどの行列ができたが、大きな混乱はなかった。

 品川区の大学2年、二瓶優汰さん(20)は28日に続いて2日連続で抽選に外れた。「残念としか言いようがない。別会場で予約が取れるまで足を運び続けるしかありません」と肩を落とした。

 同区の会社員、鎌田美咲さん(23)は「地元では10月上旬まで接種を受けられない。一日でも早く打ちたいと思って来場したが、どうせ抽選になるならウェブ上で応募した方が安全で効率的ではないか」と首をかしげていた。【井口慎太郎】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集