特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

沖縄のワクチン異物はゴム片 品質問題なし 厚労省「接種継続を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影

 厚生労働省は29日、沖縄県で使用予定だった米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンから異物が見つかり、調査した結果、異物はワクチンを容器から注射器へ充塡(じゅうてん)する際にゴム栓が削られて生じた破片などだったと発表した。国内供給を担う武田薬品工業の調査結果として発表された。ワクチンの品質自体に問題はないといい、沖縄県は異物確認を受けて接種を中止したが、厚労省は「差し控える必要はない」としている。

 厚労省によると、異物は、ワクチンを容器から充塡した注射器計5本の「シリンジ」と呼ばれる筒状の部分などから27日と28日に見つかったという。沖縄県は、異物の確認されたワクチンが厚労省から使用見合わせが要請されたロット番号ではなかったため、異物が確認されたワクチンと同じロット番号「3005293」のワクチンを使用する会場での接種を28日夕~29日に中止していた。健康被害は確認されていない。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文719文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集