特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

菅首相、10月17日の衆院選検討 「解散せず任期満了」浮上

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 菅義偉首相は衆院選を10月5日公示、17日投開票の日程で実施する検討を始めた。新型コロナウイルス感染症に切れ目なく対応するため、衆院を解散せずに公職選挙法に基づく「任期満了選挙」を選択する案も浮上している。複数の政権幹部が30日明らかにした。

 首相は自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)後の衆院解散も検討したが、その場合、10月21日の衆院議員任期までに衆院選を実施することは難しい。首相周辺は「首相は、本来の任期を過ぎて衆院選を行うようなことはし…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集