特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

米中央軍、カブールでIS-K攻撃 「爆発物搭載」車に向け「自衛」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタン地図
アフガニスタン地図

 中東地域を管轄する米中央軍は29日、アフガニスタンの首都カブール市内で、無人航空機による攻撃を過激派組織「イスラム国」(IS)系の「ISホラサン州」(IS-K)に対して実施したと発表した。IS-Kに対する米軍の攻撃は2回目。中央軍報道官は声明で「カブール国際空港に迫るIS-Kの脅威を排除した」と説明した。

 報道官の声明によると、今回の攻撃は市内の車に向けて「自衛」のために行われた。攻撃で車からの大きな爆発があったといい、「相当量の爆発物が車にあったことを示している」と強調した。今回の作戦で民間人の犠牲者が出た可能性についても調査しているが、「現時点では何の兆候もない」としている。

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文405文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集