イスラエル 3回目ワクチン接種の対象、12歳以上に拡大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3回目のワクチン接種を受けるイスラエルのベネット首相=8月20日、AP
3回目のワクチン接種を受けるイスラエルのベネット首相=8月20日、AP

 イスラエル政府は29日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を12歳以上の国民にも実施すると発表した。イスラエルではこれまで、30代以上を3回目接種の対象としていた。米国は9月20日以降、18歳以上を対象に3回目接種を実施するが、イスラエルは青少年にも対象を広げた。

 イスラエル保健省によると、人口約933万人のおよそ6割が2回の接種を済ませている。だが、インド由来の変異株「デルタ株」が拡大し、新型コロナウイルスによる重症者は今月29日に726人と3月以来、最多を記録。1日あたり…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集