北朝鮮、原子炉を再稼働か IAEAが報告書「非常にやっかい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記=平壌で2021年6月29日、AP
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記=平壌で2021年6月29日、AP

 国際原子力機関(IAEA)は、北朝鮮が北西部寧辺(ニョンビョン)の核施設で、プルトニウムを生産するための原子炉の操業を再開しているとの報告書をまとめた。北朝鮮が核活動を拡大させていることがうかがえる。

 報告書によると、原子炉が2018年12月から今年7月初旬まで活動していなかったと指摘。だが、7月上旬以降に原子炉の運転と、それに連動した冷却水の排出を含む兆候が見られるようになったという。報告書はこうした兆候を「非常にやっかい…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集