特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

廃車予定の救急車2台、感染者の待機場所に 千葉・松戸市消防局

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 新型コロナウイルス感染者からの救急要請が増加し、搬送先が決まらず救急車が長時間現場にとどまるケースが発生していることを受け、千葉県の松戸市消防局は30日、廃車予定だった救急車2台を活用し、消防局内に搬送困難者待機場所を設置した。4時間たっても搬送先が見つからない場合は待機場所に移し、救急救命士らが酸素投与などの処置を続ける。

 市消防局によると、新型コロナ感染者からの救急要請は、6月10件▽7月92件▽8月(22日時点)255件――と急増。8月に、要請を受けてから救急車が消防署に帰るまで4時間以上かかった事案は41件あり、最長で14時間10分かかったことも。出動できる救急隊が不在という状態も49回、延べ9時間47分間あった。

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文442文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集