特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

V4ならず、中京「ありがとう」 先輩後輩が夢つなぎ 高校軟式野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【作新学院-中京】大会4連覇ならず、悔し涙を流す中京の選手たち=兵庫県明石市の明石トーカロ球場で2021年8月30日、山田尚弘撮影
【作新学院-中京】大会4連覇ならず、悔し涙を流す中京の選手たち=兵庫県明石市の明石トーカロ球場で2021年8月30日、山田尚弘撮影

 第66回全国高校軟式野球選手権大会で30日、史上初の4連覇を目指した東海代表の中京(岐阜)は作新学院(北関東・栃木)に0-1で惜敗し、大記録の達成はならなかった。新型コロナウイルスの影響で昨年の大会が中止となり、挑戦すらできなかった先輩の思いも背負った戦い。4連覇を「託した」側と「託された」側。敗戦後、双方からこぼれ落ちた言葉は、ともに「ありがとう」だった。

 試合後、内野光一主将(3年)は「新チームになって『先輩たちへの恩返しのため優勝旗を持って帰る』と勝つことだけを考えてやってきた。それができずに悔しい」と目を赤くした。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文857文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集