特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

東京、7月に妊婦のコロナ感染急増 過去最多98人 日本医大調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 新型コロナウイルスに感染した妊婦が東京都で昨年4月から今年7月までに累計で460人報告され、7月は最多の98人だったことが、日本医大多摩永山病院の中井章人院長(産婦人科)の調査で30日、分かった。

 千葉県柏市で感染した妊婦の搬送先が見つからずに自宅で早産し、赤ちゃんが死亡した問題を受け、対策が求められているが、感染した妊婦の数の全国集計データはない。中井院長は「医療体制整備のために妊婦の感染状況の実態把握が必要だ」としている。

 調査は、東京都に月ごとの速報値を聞き取ってまとめた。昨年4月から今年6月までは月当たり3~50人だったが、7月に急増し98人となった。この中には無症状者や軽症者が含まれていない可能性があり、実際の感染者はさらに多いとみられる。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文545文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集